人気ブログランキング |

リコースキャンダル隠蔽事件ー”鳥取県知事の責任”で権力が隠蔽

暴露人=鳥取市の菩薩
b0224054_06413642.jpg












鳥取市のリコー社員が、元アルバイトに妄想を抱き、さらに一般のリコー社員達もその妄想に同調し、ついには恥ずかしいスキャンダルを引き起こした。そして誘致企業リコーの喜劇的スキャンダルを、鳥取県が、”都道府県知事の責任と権限”で発動する法律悪用という違法行為で隠蔽を図り、鳥取県知事の違法行為(≒犯罪)がリコースキャンダル隠蔽事件の核になった。


鳥取県知事の犯罪⇒http://5ken5.kurofuku.com/



問題の発端は30年前のバブル期

リコーの女子社員は、バイト工員米村アキラがとても好きだった。
b0224054_14351787.jpgb0224054_14375985.jpg












1960年代鳥取東部地区では部落差別は新設私立鳥取城北高校に転嫁されてた。米村は県立進学校を滑り鳥取城北高校進学。進学体制の無い誰も勉強しない雰囲気の中で、独学で受験勉強をし県立進学校並の学力をつけ、同志社・立命館(同志社哲学科辞退、立命館法進学)に合格。当時鳥取県東部の私立高校としては最も偏差値の高い大学。高校は米村の同志社合格の実績を鳥取市民にアピール。米村は差別解消に貢献した英雄なのである。

校内偏差値 93.6  
偏差値90なら、上から0.00317%
b0224054_08312162.jpg







米村の大馬鹿私立高校3年時の国立大理系模試の成績表
地元私立高校初の国立大合格を期待された! 
19900人中147位
b0224054_08225219.jpg

b0224054_08165357.jpg




















米村は立命館法学部卒業後、しばらく関西で生活しバブルの頃鳥取に帰った。

バブルの時期鳥取市で若い男が車が車を持たない生き方は許されない風潮だったが米村は海外放浪のため車を持たず自転車に乗っていた。当時若い男で免許を持っていながら車を持たない生き方を選んだのは鳥取市で米村一人だけであり異端視された。


独自の哲学を持ち社会的地位には興味のない米村はリコーのバイト工員でありながら

リコー社員達から異端視されかつ畏敬の念を持たれた。



バブル期1980年代後半リコー工場は、地元鳥取市政財界が東京のリコー本社に懸命な嘆願し

ついに誘致が決まった工場である。

b0224054_13300679.jpg


特に西汚鳥取市長はリコー本社の社員が建設予定地を視察の訪れた際に平身低頭せざるを得なく屈辱を舐めたそうだ。

b0224054_22554101.jpg


またリコーは「週休4日制」で多くの週刊誌で話題となった。12時間30分労働が実態だが、週刊誌は実態を報道せず「凄い会社が出現!」とセンセーショナルに報道した。


リコー竣工披露パーティーは西尾邑次鳥取県知事が

「一週に四日休みという会社はまずなく、
こういう会社が鳥取にできただけで誇りに思う」と祝辞を述べた。

b0224054_06551725.jpg






「週休4日制」報道を、自分達は怠け者と被害的に捉えるリコー社員が多く、その被害感情にが”リコースキャンダル”発生の要因。












1990年5月中旬
米村は第43回富士登山競走出場(7月25日)のためインドから帰国。直後リコー工場は米村の自宅に電話をかけてきて「社員(大卒待遇)になって頂けませんか?」と頼んだ。

b0224054_00421247.jpg










米村は「社員になれないがバイト」なら断り時給600円のバイト工員として
遊び半分でリコーに行った。
当時リコー社員の平均年齢は25歳で若い女の子の従業員が大勢いた。米村は彼女達から大変もてた。最も美しくしい野村妖子という総務の女子社員は米村のパソコンを作動させるパスワードを「 K I Z A 」とし米村に笑顔で「キザ」というパスワードを渡し恋愛感情を伝えた。

米村は女子社員達から大変もてた。
b0224054_20021593.jpg









米村は日本一過酷なレース富士登山競走出場のため練習のために無断欠勤・遅刻を繰り返していた。

b0224054_21062806.jpg







一流企業リコーは、無断欠勤などのモラル違反は許さないと米村に注意したが「知らんがな。時給600円のバイトなんか真面目に働く気ない!」と無視してバイトをサボって昼は山を登る練習していた。

そして第43富士登山競走(7月25日早朝スタート)出場と
転職のため、7月23日の夕方でリコーのバイトを辞めた。
(一流企業らしく、時給600円のバイト工員にも退職願作成)
b0224054_01594382.jpg








(鹿原=社長 井上=人事 戸田=米村の現場の係長)


23日夜8時頃発の夜行バスで東京に向かい
富士吉田市に24日昼頃着き、25日早朝のレースに出場。
b0224054_14563706.jpg














アースマラソンで有名な間寛平でさえ完走(制限時間4時間30分)に失敗したレースを3時間34分(162位)で完走。これだけの走力のランナーは鳥取市に5人もいなかった。
b0224054_06542603.jpg









その後鳥取で米村は月収30万円期間工に行った。機械の監視でただボーと見ているだけの仕事に回された。リコーも事務職で採用しようとしたが、大卒は肉体労働しなくても楽な仕事で30万円貰えるのである。そしてシルクロード陸路横断経由世界一周の旅に出た。
b0224054_15191877.jpg









鳥取に帰り山陰最大の工場鳥取三洋電機のペーパー会社テスコに就職した。大卒は工員として採用されず非正規雇用だった。三洋は社員が嫌がる工程の作業をテスコ社員にさせていた。面接者全員採用だが5人中4人は「仕事がキツい」と1日で逃げ出した。安静時心拍数30台スポーツ心臓の米村には問題なかった。大馬鹿私立高校から独学で創立以来最も偏差値の高い大学に受かった米村は、地元では相当高かったので底辺労働者になるのは驚きだった。

米村は、アフリカ旅行の計画を立て昼は山を登り降りするトレーニングをしたり、人付き合いせず図書館で人間の本質を見極めるための学問に励んでいた。

米村の、肉体労働の真面目な勤務態度の噂はリコーに伝わった。

リコーの戸田狂暗は統合失調症という精神病になった。統合失調症になると「ジェット機が自分の上空を飛行するのは自分に対する嫌がらせだ!」とかあり得ない被害妄想を言い出すのである。

戸田狂暗は米村がリコーでバイト中の不真面目な勤務態度の悪口をほかのリコー社員に言っていた。米村を好きな女子社員は、戸田狂暗に「城北高校創立以来の1番の米村君が工員なんかになり、辛い仕事を真面目にしているそうですね」と嫌味を言うようになった。戸田狂暗の被害妄想は米村に向けられた。戸田狂暗は「高学歴で英語もできる米村が工員になり、キツい仕事するなんておかしい! 米村が、人が嫌がる仕事を真面目にしているのは、自分だけでなく会社に対する嫌がらせ、報復だ!」と統合失調症の特有の症状被害妄想を口走るようになった。

週刊誌などマスコミが「週休4日制が会社が出現!」と過熱報道し「遊んでいられる会社」と被害感情のあるリコー社員達も「米村が休まずに真面目に働くのは会社に対する報復"」の話を盲信した。
b0224054_01155781.gif

ついにリコーの戸田狂暗は鳥取三洋電機リビング事業部の管理職北村呆助に「米村はうちの会社に報復する目的で、三洋のキツい作業を休暇を取らず真面目に続けている。みんなが言っている。有給を取らすか、クビにして大卒待遇事務職に転職させてくれ」と伝えた。

"みんなが言っている”。
の言葉で荒唐無稽な妄想話を三洋社員達は信じた。

米村の異端さと「大会社」リコーに対する”報復"の話で米村はカリスマ的存在になった。三洋は米村を夜勤から昼勤にかえた。米村は朝のラジオ体操を拒否した。米村のカリスマ性の影響で三洋社員にラジオ体操拒否者が増え、三洋はラジオ体操を10日程中断した。ラジオ体操中断⇒http://sanyo1993.jugem.jp/
三洋リビング事業部の管理職達は「米村が、キツい仕事を真面目に続けているのはリコーに対する嫌がらせ、報復が目的。みんなが言っている」という話を聞き、この妄想話を信じた。
b0224054_14264165.jpg


ラインから流れて来る大型電気カーペットを丸めて、束にし、パレットに積み上げる作業を休暇を取らずに続けているのがリコー対する嫌がらせであり、報復攻撃。







テスコの森騙安責任者も「大馬鹿高校創立以来の1番でマラソンも走れる大卒米村は就職に恵まれているはず。非正規雇用の工員になり真面目に働くのはリコーに対する嫌がらせ、報復攻撃」と思い込み、米村に「工場労働は辞めて事務職に転職しろ」と。
b0224054_15004991.jpg













米村は「どーでもいい」と自主退職し、以前から予定したアフリカ旅行に行くことにした。

関係者はすぐに「おかいしい! そんなアホな事あるはずない!」と気づきもみ消し隠蔽を図り、公的機関も誘致企業リコーのアホ話隠蔽に加担した。関係者は米村をリコーに就職するよう勧めたり、父親はコネで大手建設会社のサラリーマンか司法書士事務所に勤めるよう勧めた。

リコー社員達が、米村の休暇を取らない勤務態度を、なぜ問題にし騒いだのか最初はわからなかった。だが週刊誌がリコーを「週に4日も休みがある凄い会社出現!」と加熱報道を繰り返したことで、リコー社員は「怠け会社」と強い被害感情を抱き、被差別高校から独学で県立進学校と戦った米村の"夜勤"での休暇を取らない重労働が脅威で被害妄想を抱いたと認識した。

リコー竣工披露パーティーで
西尾邑次鳥取県知事が「週休4日制」に触れた祝辞。
b0224054_06551725.jpg





























この妄想事件は発覚して地元鳥取市でスキャンダルになった。一流企業のバカ話を庶民は喜びした。

誘致企業リコーに頭のあがらない西汚鳥取市長も大喜びしたのは言うまでもない。
市長が喜んだエピソード http://nisio.gjpw.net/
b0224054_22554101.jpg

















松本ゆう子さんも下っ端の米村に、大手企業の社員達が妄想を抱き、翻弄されたのを面白く思い、物語の舞台を戦国時代にして「権力者を手玉にとった果心居士」、小説『夢幻』で第51回コスモス文学新人賞を受賞した。
b0224054_07334193.jpg
問題発生8ヵ月後の1994年7月7日の『夢幻』コスモス文学新人賞を伝える地元紙日本海新聞 (写真をクリックすれば拡大)
b0224054_06185648.jpg 














リコーはこのアホな出来事の隠蔽を図り、誘致企業リコーの権力に迎合し地元公権力、支配層隠蔽に追随した。

26年経った2019年現在も巨大権力が、リコースキャンダルの隠蔽を図っているので誰も米村本人に事情が言えない。
b0224054_06304266.gif











アメリカ奴隷解放の父キング牧師がいう“善人の沈黙”状態
b0224054_03310811.jpg

隠蔽の圧力で米村は狭い地元で平穏に暮らす権利が侵害された。
権利の侵害の事例⇒ 自転車に乗る権利の侵害 https://jitensyax.hatenablog.com/


誘致企業リコーのアホ話を公権力が蓋をし隠蔽。しかし地元でバレている。

さらに鳥取県が、”都道府県知事の責任と権限”での違法行為で、リコースキャンダル隠蔽を図ったので、知事の犯罪という由々しき核ができた。
b0224054_23492021.jpg














米村は2017~19年、”鳥取県知事の犯罪/リコースキャンダル隠蔽事件”
というFAXを鳥取市を中心に4万枚以上送信。もはや隠蔽不可。

家庭の固定電話に送信しても6件に1件は送信完了
こんなFAX
http://greenvxv.jp/reiwa2.pdf


ブログ鳥取県知事の犯罪が核
http://5ken5.kurofuku.com/







正式名称

リコーインダストリアルソリューションズ株式会社鳥取事業所。




by yone2x | 2019-10-08 00:41